top of page
  • 執筆者の写真しげる

全アルバムセールス推移

オリジナルアルバム

80年代に大ピークがあり、90年代に中ピークがあることがよく分かる。

90年代後半は、APO-CDのセールスが激減したが、00年代は夜会アルバムを除きほぼ安定。



企画アルバム(企画カセットを含む)

実に20タイトルのベスト&企画アルバムが出ている。

この為、1作あたりのセールスがどうしても低くなってしまっている。

(但し、80年代においてCTだけで30万本は驚異的な数字)

尚、ここでは100位内のみの数字であるが、「大吟醸」は発売後も100位以下で動いている為、

実際は70万枚を超えていると推定される。



Comentários


bottom of page